« 美術館のSNS | トップページ | TBSラジオのチラシ »

2018/02/26

設楽の走り

 昨日の東京マラソン、久しぶりに日本人ランナーが好結果をだしました。日本勢2位の設楽がマラソン日本新記録の2時間6分11秒を記録。マラソンの日本記録なんて破られないと思っていたので、ゴールの瞬間を興奮してみていました。
 設楽の練習方法がユニークです。今年に入っても多くのレースに出てて、
<土日の試合に多く出たことが他の選手との差。勝つことに慣れた>(朝日新聞デジタル)
 土日のレースで鍛えるのは川内優輝と同じ。さらにこんなことも言っています。
<練習は最長30キロまで。「僕は40キロ走をやる必要はない。走り込みとかは昔の話。もうそんな時代ではない」。いわゆる“瀬古流”とは一線を画す>
 30キロまでで十分なのか。要は質の高いトレーニングをいかにやるか、ということでしょう。
 日本にも新しいマラソンランナーが育っているようです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設楽の走り:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。