« 映画のワークショップ | トップページ | ランニングブームは曲がり角? »

2018/02/17

年金の繰り下げ

 以前も書きましたが、年金の受給開始年齢の繰り下げが70歳を超えてもできるようになりそうです。
<政府が公的年金の年齢上限見直しにカジを切った。受給開始年齢を70歳超も選べるようにし、先送り分の受給額を積み増す方針>(日経新聞電子版)
 現行の制度では年金受給開始を70歳まで繰り下げが可能。70歳まで繰り下げると、もらえる年金は1.42倍になります。これだと81歳まで生きると元がとれます。男女とも60歳の平均余命からは、81歳までは生きるデータになっているので、繰り下げたほうがいいと言えます。でも生きていてもお金を使えない状態になっていてはどうしようもない。
 現実には年金を繰り下げている人は少ない。
<受給者のうち、繰り下げを選んでいるのは2014年度で2%弱。逆に繰り上げは1割強に上る>
 繰り下げが少ないことより、繰り上げが1割もいることがちょっと驚きです。お金がないということは、やはり不安なわけです。
 政府が目論む年金改革は上手くいくのか。難しそうだなあ。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金の繰り下げ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。