« 電話のいろいろなサービス | トップページ | エディー・バウアー の熱心なメール »

2018/02/09

ICカードリーダーのつかいみち

 気がつけば確定申告の季節です。去年は更新をし忘れ、住基カードが使えなくなり、確定申告は紙での申告になってしまいました。e-taxだといくつかの書類が省略できますが(例えば給与所得の源泉徴収票、医療費の領収書)、紙だと添付しないといけないので、面倒です。
 今年はマイナンバーカードも作ったので、e-taxをしようとICカードリーダーを購入しました。ソニーのものですが約3000円です。このICカードリーダー売れていないようです。
 今日の日経新聞に「電子申告 周回遅れ」という記事があります。
<都内の家電量販店。それはパソコン周辺機器コーナーの一角にひっそりと置かれていた。品ぞろえは1種類のみで税抜き2790円。気をつけないと見逃してしまう>
 と寂し状況。
<e―Taxを利用しない理由の筆頭は「カードリーダーにお金がかかる」。政府関係者も電子納税の普及を阻む「3千円の壁」と認める>
 これが3000円の壁。
 記事によれば、スウェーデン、エストニアに比べると、日本の所得税の納税システムはかなり遅れているようです。e-taxも年1回しか使わないので、やるたびに戸惑い、迷います。
 購入したICカードリーダーはe-taxの他にSuicaの利用履歴をみることができます。でも、Suicaの履歴などほとんど見る必要がないもの。確かに3000円という買い物は高かったかもしれません。

Paspri_2


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICカードリーダーのつかいみち:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。