« たまには肉焼きそば | トップページ | 今はリーディンググラス »

2018/01/17

年金の受給年齢

 年金制度は問題を含んでいることは多くの人が感じていることでしょう。今朝の日経新聞、1面の記事「年金受給開始 70歳超も」という見出しだけ読むと、現行65歳の年金の受給開始年齢が繰り下がるのか、と思ってしまいます。
 そうではなくて、
<政府は公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳超に先送りできる制度の検討に入った>
 ということ。
 公的年金は65歳を基準として60~70歳までを選択できる制度。受給開始を繰り上げれば年金額は一生減らされ、繰り上がれば増えるという仕組みです。
 この繰り下げることができる年齢を広げようということが、今回の政府の考えです。
<受給開始年齢の上限は、いまの70歳から75~80歳程度に引き上げることを想定している>
 ということですが、その狙いは?
<高齢化の一層の進展に備え、定年延長など元気な高齢者がより働ける仕組みづくりも進める方針だ>
 70歳すぎても働け、ということですか。
 本音のところはトータルで年金受給額を減らしたい、ということでしょう。
 政府の考えるようにうまくいくか。注目です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金の受給年齢:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。