« 朝酒の愉しみとエビスビール | トップページ | トーハクの賑わい »

2018/01/02

元旦の新聞広告

 元旦の新聞は分厚い。でも、読むところは多くはありません。あらかじめ作っていた企画ものと広告が多い。特に日経新聞は謹賀新年の広告がたくさん。
 元旦の新聞広告で目立つのは出版社。1月1日の新聞に出版社が広告をだすのが恒例になっています。朝日新聞では講談社、小学館、集英社、KADAKAWA,、岩波書店などが全面広告を出していました。なぜ、出版社は元旦に広告をだすでしょう。
 新聞広告で急に雑誌が売れ始めるということもなさそうだし、企業イメージがアップすることもあまりなさそう。ずっと続く習慣だからでしょうか。ちょっと不思議な広告ではあります。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元旦の新聞広告:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。