« 日経新聞の連載小説 | トップページ | コンビニATMの普及 »

2017/09/07

ガソリン車と電気自動車

 昨日のニュースをみていると、「いつまでガソリン車を運転できるのだろう」と思ってしまいます。まずは、JXTGエネルギーがガソリンスタンドのブランををENEOSに統一するという話。合併でいくつもの会社が統合されたJXTGエネルギーは「ENEOS」に加え「エッソ」、「モービル」、「ゼネラル」の4ブランドがあります。これをENEOSに統一する計画です。
 昨日のNHKニュースの報道ではガソリン消費量が減っているのが、このブランド統一の背景としていました。ガソリン消費量の減少は「少子高齢化」「若者の車離れ」「燃費の向上」が原因とのこと。
 また日産のEV「リーフ」の新モデル発表も報じられています。新モデルは航続距離が400キロと旧型1.4倍。400キロであれば、かなりのロングドライブもでき、かなりの進歩です。
 もう、ガソリンをまき散らす車には乗れないのですね。ちょっと寂しいですが、仕方ないですね。車の世界がかわりつつあるのは、間違いありません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65758998

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン車と電気自動車:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。