« トヨタとマツダの資本提携 | トップページ | 世界が遠くなる日本のマラソン »

2017/08/06

いちまいの絵

 アートを題材にした小説が多い原田マハの絵画を巡るエッセー『いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画』を読んでみました。小説は直木賞の候補になった『楽園のカンヴァス』と『暗幕のゲルニカ』を読みました。この2作品にもいろいろ言いたいことはありますが、エッセーならどんな展開の文章なのか興味があって手に取りました。
 集英社の読書情報誌『青春と読書』の連載されたものをまとめたもので、著者が選んだ26枚の名画のついての思いと歴史的な事象を中心として文章が綴られています。
 原田マハの絵画の好みが分かるのは興味深いところですが、文章はいささか退屈です。名画が目の前に思い浮かび、イメージが広がる文章が読めるかと思っていたのですが、残念ながらそうではありませんでした。アートの旗手と言われている作家なんだからと期待していたのですが、なんとも味気ない読後感でした。
 アート作品を表現することの難しさを感じた一冊でした。


 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65626220

この記事へのトラックバック一覧です: いちまいの絵:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。