« 缶チューハイの拡大 | トップページ | 音楽と私:原田知世 »

2017/07/30

自動車免許のこと

 役所にいって証明書を取るとき、身分証明書を求められますが、「運転免許証ありますか?」と尋ねられることがほとんどです。個人番号カードを持っているのに、運転免許証で済みます。最強の個人確認証明書です。
 運転免許を取ったのは昭和54年ですから、もう38年前。当時、免許取るの大変でした。今日の日経新聞の文化欄に作家の佐藤多佳子が「低速絶叫マシン」と題して、免許を取ったときの「事件」を面白く書いています。
「三十五年昔は、すべて、ギア操作で変速するMT車だ」
 そうです。マニュアル変速で、ギアがハンドルのところにある「コラムシフト」でした。ハンドルはパワーステアリングでなく、重かった。クルマを運転するのが大変。実技の教習も大変でした。
 なにせ運動神経が鈍いので、実技教習は規定の最低時間の倍ほどかかった記憶があります。当時は法定の最短技能教習時限数は27時間だったようなので、50時間はかかったということ。
 教官も厳しかった。佐藤多佳子さんは、
<当時、教習所の教官は、怖い人が多かった。舌鋒(ぜっぽう)鋭く、眼光も鋭い。運転技術だけでなく弱気な性格も叱られる。「あなたのようじゃ、厳しい世間で生きていけないよ」。どの教官の車に乗るかによって人生が左右される感があった>
 と書いています。男性には更に厳しかったです。よく喧嘩しなかったな、と思います。
 自動車学校での教習を懐かしく思い出しました。
 
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65597259

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車免許のこと:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。