« 東京ガス料理教室は人気? | トップページ | EPSON GPSウォッチの新製品 »

2017/07/19

銀行カードローンの恐怖

 銀行はお金を貸すのが商売ですが、法人だけでなく個人にも貸します。住宅ローンが代表的なものですが、銀行のカードローンが問題化しつつあります。今日の日経新聞には、
<銀行カードローンが多重債務や自己破産の要因になっているとの指摘を受け、銀行側も対応を急いでいる。三井住友銀行は4月からテレビCMの「最短30分審査」などの表現を削除。年収証明書の提出を求める融資額の基準を「300万円超」から「50万円超」に引き下げた>
 と報道されています。
 銀行のカードローンについては、総量規制(年収3分の1超は借りられない)を守らず、年収の3分の1以上の貸付を行っていることが指摘されてます。
 週刊東洋経済の先週号では「新借金地獄」なる特集。ここで<サラ金より「ヤバい」銀行カードローン>という記事があります。記事では62歳の女性の例が紹介されています。
 契約社員で月収8万円。すでに消費者金融から200万円の借金があり、「アコムとプロミスからの今月分の返済期日が8日後」で「わらにもすがる思いで三菱東京UFJ銀行の支店に足を踏み入れた」。
 そこで銀行は「即日で限度額20万円、年利14%での融資を決めた」とのこと。
 簡単に融資をする銀行には驚きますが、年利14%という利息もすごい。三菱東京UFJ銀行の定期預金の利息は0.01%くらいなのに。
 どうして銀行がこんなことをすることになったのか。だれか教えてください。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65553271

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行カードローンの恐怖:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。