« 蜜蜂と遠雷 | トップページ | Dan Fogelberg:Live at Carnegie Hall »

2017/07/23

ワープロの話

  父親の部屋を整理していたら、ワープロの消耗品がでてきました。リボンとかフロッピーとか。本体はかなり前に処分したのですが、忘れられたようにありました。ワープロを使っていたのはいつの頃だったのか。
 今朝、日経の文化欄に作家の上田岳弘さんがワープロのことを書いていて、思い出しました。
<僕が子供の頃、ワードプロセッサーなるものが世に流通していた。ワープロとはソフトではなく、単機能のハードウェアである。しかしどの家庭にも必ず一台ある、というほどの普及力はなく、実際僕の家にも、ほとんどの友達の家にもなかった>
 上田さんは1979年生まれなので、子供のころというと90年前後でしょうか。
 はじめてワープロを買ったのは、80年代半ばだったか。東芝のルポでした。画面はモノクロの原始的な機器でした。その後、オアシスに買い換えました。会社でも90年代はワープロで見積とか請求書つくっていました。なんとものどかな時代でした。
 いまでもワープロは働いているのか。ヤフオクで「ワープロ専用機」で検索すると、4400件ほどがヒットします。ワープロを売ってる業者もいくつかあります。まだ、現役で働いているワープロも少なくないかも、と思ったりします。
 上田さんはこう書いています。
 <手軽にパソコンを所有できる以前は、必ず手書きで稿をしたためる必要があり、活字化されるまでには幾つもハードルがあった。「活字」は、その頃に帯びていたある種の神聖さを失ったのかもしれない>
 活字、と言うにも郷愁を感じる現代です。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65569298

この記事へのトラックバック一覧です: ワープロの話:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。