« 小林カツ代という料理家 | トップページ | ISDNの今 »

2017/05/03

アマゾンの日販飛ばし

 出版産業で取次は強力な存在でしたが、近年は本の売り上げが減っているため中小の取次がつぶれ、いまは日販、トーハンの2大取次が勢力を持っていると推測されます。
 アマゾンが日販を介さす、出版社と直接取引することになる、と昨日の日経新聞が伝えています。
「アマゾンジャパン(東京・目黒)は一部の既刊本について出版取次大手の日本出版販売(日販)への発注を6月末で取りやめる。日販に在庫がない書籍を調達する際に、アマゾンが出版社から直接取り寄せる方式に順次改める」(5月2日 日経新聞)
 ともう決まっているかの報道。
 確か、アマゾンが日本上陸したとき、取次の大阪屋経由で本を仕入れていました。大手の日販には相手にされなかったのでしょう。その後、アマゾンが成長すると、日販はアマゾンとの取引を開始します。
 アマゾンはその日販を飛ばして、出版社と直接取引しようとしています。日本の出版流通を変えていくアマゾン。どこまで巨大化するのか。ちょっと恐い気がします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65227147

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンの日販飛ばし:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。