« MOMAのマウスパッド | トップページ | せたがや歌の広場コンサート »

2017/05/21

バブルというもの

  最近、バブル時代が注目されています。『バブル:日本迷走の原点』を買ったのですが、いまだ1ペーシも読んでいません。バブルの時代のことを書いた『野村證券第2事業法人部』も話題のようです。
  週刊東洋経済の今週号の特集は「バブル全史」です。定期購読で読んでいるので、先週の土曜日に届きました。いまごろになってページを開いてみましたが、すごい話題が満載です。
  バブルが始まったのは1986年、バブル景気が終わったのが91年。5年間の狂騒でした。86年は会社に入って6年目、まだ若造でした(笑)。当時の狂騒にはほとんど関わりがなく、ただただ仕事をしていました。まあ、いまより景気は良かったかもしれません。
  バブルという時代は確かにいい時代でした。でも、そこに戻っても今は良くはならない。そんな気がします。
  

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65306518

この記事へのトラックバック一覧です: バブルというもの:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。