« イッセー尾形の人形劇 | トップページ | 麻婆春雨の起源 »

2017/05/17

イオンとオオゼキの関係

 かつてのダイエー碑文谷店が、イオンスタイル碑文谷になって一年ほどが経ちました。当時は4階までの一部オープンだったのが、3月の終わりに5階から7階もオープンして、完成形になりました。
 週末に買い物にいくと、まあまあお客さんはいて賑わっています。洒落たスーパーマーケットに変身して、かつてのダイエーのイメージはほとんど残っていません。イオンの新しい形のショップが展開されています。
 食品フロアの品揃えは充実した印象ですが、なにせ広い。買いたいものがすぐに見つからないこともしばしばです。
 イオンのそば、200メートルくらいしか離れていないところにスーパーマーケットのオオゼキがあります。イオンがダイエーだった頃から営業しています。オオゼキの規模は食品に限っても5分の1くらいでしょうか。イオンに比べればとても小さい。
 でも、オオゼキも賑わっています。イオンが全面オープンした後も、お客が減っている気配はありません。普通に考えれば閉店に追い込まれてもおかしくないのですが、オオゼキは元気そのものです。
 多分、オオゼキのコンパクトさが使い勝手がいいのでしょう。商売というものはなんとも不思議なものです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/65288278

この記事へのトラックバック一覧です: イオンとオオゼキの関係:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。