« 確定申告とマイナンバー | トップページ | クローズアップ現代の23年間 »

2017/03/11

じぶん書店が開店できる

 昨日の朝日新聞に小さいですが、面白そうな記事が載ってました。「自分のネット書店を作れる 講談社が新サービス展開へ」と題された記事によれば、
「講談社は9日、自分の好きな電子書籍を販売できるサイト『じぶん書店」』を4月中旬に立ち上げると発表した」(3月10日朝日新聞)
 と個人が書店を開設できる仕組みです。講談社の発表文によれば、
「書店開設を希望されるユーザーは会員登録を行い、講談社が展開している電子書籍約 32,000 点の中から売りたいタイトルを選び、推薦コメントを入れるだけで、簡単に自分の電子書店を開設することができます。開設に費用は一切かかりません」
 と、簡単に本屋が開けそうです。
 本が売れると「10%のアフィリエイトコインが書店運営ユーザーに振り出されます」。このコインは電子書籍の購入や書店の拡張に使えます。
 ユーザーに本を売ってもらうという仕組みですが、うまく使うとちゃんと商売ができそうです。本が売れない時代、出版社もいろいろ考えています。

 
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/64996934

この記事へのトラックバック一覧です: じぶん書店が開店できる:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。