« ゴッホとゴーギャン | トップページ | 社長島耕作の付録本 »

2016/11/27

日本酒減税、ワイン増税

 今回の税制改正大綱ではアルコールの税制改正が目玉のようです。ビール類の酒税を統一するのに加えて、ワイン、日本酒、酎ハイの酒税も統一。
「日本酒の税額は、同じ醸造酒のワインより高いと生産者らから反発が出ていた。日本酒は現在350ミリリットルあたり42円、ワインは28円で、段階を経て35円程度に一本化される。日本酒は減税、ワインは増税になる」(11月27日 朝日新聞)
 ワインと日本酒が酒税が異なっていたとは知りませんでした。記事によれば、2020年から段階的に酒税を改正し、10年後の2026年に統一。気の長い話ではありますが、これでワインは販売価格が高くなり、日本酒は安くなることが予想されます。酎ハイも値上げかな。
 しかし、どうしてワインと日本酒は酒税が異なっているのでしょう。なにか理由があるはず。一律に同じにしていいのか、という疑問もわきます。
 さて、10年後のアルコール市場はどうなっているか。縮小していくことは間違いないでしょう。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒減税、ワイン増税:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。