« 液晶テレビの選び方 | トップページ | 配偶者控除の見直し »

2016/08/31

アマゾン読み放題の行方

 昨日、Kindle Unlimitedを解約したのですが、このアマゾン読み放題サービスについて、面白い記事が今日の朝日新聞に載っています。記事は「アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?」とタイトル。
 記事曰く
「今月3日にスタートした通販大手アマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービスで、人気のある漫画や写真集などがラインアップから外れ始めた」(8月31日 アサヒ新聞)
 とか。
 アマゾンはサービス開始時に多くの書籍を集めようと「出版社に配分する利用料を年内に限って上乗せして支払う契約を締結」しました。しかし、
「しかし想定以上の利用が続いて負担に耐えきれなくなり、利用が多い人気本をラインアップから外し始めたとみられる」
 といいます。アマゾンの勝手な判断です。これに対し出版社は当然のことながら反発。
「数百冊以上を提供しているある大手出版社は29日までに、全ての本の引き揚げを検討しているとアマゾンに通告」
 とかなりの強行手段にでようとしています。
 そもそも電子書籍の読み放題サービスが、出版社の売上増加、経営改善につながるのか。はなはだ疑問です。Kindle Unlimitedに本を提供している出版社はしっかり考える必要があると思います。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマゾン読み放題の行方:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。