« 桝添知事の美術品購入 | トップページ | 村上春樹の英訳を楽しむ »

2016/06/12

エッセイも楽しい「村上ラヂオ3」

 このところ村上春樹の本を読んでます。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』から初期の『風の歌を聴け』、『1973年のピンボール』を今頃読みました。次は何を読ませていただこうかというところへ、『村上ラヂオ3 サラダ好きのライオン』が文庫ででたので、読ませてもらいました。
「an・an」に連載されていたエッセイをまとめた1冊です。1と2は読んでいないので、このエッセイは初めてです。村上春樹のエッセイは久しぶりに読みましたが、やはり面白いです。さりげなく書かれていますが読ませます。さすがです。
 大橋歩の挿絵も素敵です。イラストでなくドライポイントで作られた銅版画です。大橋歩のあとがきによると銅版画は乾くまで入稿できないので、週刊誌の挿絵には厳しいそうですが、村上春樹は1ヶ月分の原稿を月一で大橋歩に送ってくれるので、まとめて版画にでき、スムーズに入稿できたそうです。
 エッセイも一流の村上春樹。今年の秋も騒動になるのでしょう。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/63763868

この記事へのトラックバック一覧です: エッセイも楽しい「村上ラヂオ3」:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。