« 大阪マラソンのチャリティランナー | トップページ | エッセイも楽しい「村上ラヂオ3」 »

2016/06/11

桝添知事の美術品購入

 巷を賑わす桝添知事の公私混同問題。都議会での追及をどう桝添知事がかわすか。都民ながら面白いイベントです。
 都議会にはしっかりと知事に説明させて欲しいと思いますが、野次馬としては桝添くんが購入した美術品は気になります。釈明の記者会見での説明は、
「購入した美術品は、公私の区別を明確にするため、美術館への寄付、都の病院や福祉施設で活用してもらう意向を示した」(朝日新聞デジタル)
 と一見、よさげな対応にも思えます。
 この辺りはマスコミは突っ込んで報道していません。
 そもそも桝添くんが購入した美術品はどのようなものか。
「ネットオークションなどを利用して購入した絵画や版画、書は全部で150点以上」(東スポWEB)
 と熱心に購入しています。購入理由は本人の弁によれば
「海外の方との交流で版画や浮世絵をツールとして活用している」(ハフィントンポスト)
 とのこと。
 ヤフオクで買った美術品の価値はどれくらいなのか。美術館に寄付といっても、価値のないものは受け入れないはず。真贋も確かでないかもしれないし、そもそも美術館は倉庫ではありません。そもそもなんで美術が専門でない桝添くんの評価で購入したものが、美術館に置かれるのか。
また「都の病院や福祉施設で活用」と安易にいってますが、病院、福祉施設に設置するアートはしっかりと選択しなければいけないことは自明のこと。
 美術好きなのに、美術がわかっていない不思議な桝添くんです。美術もお金が目的なんでしょうね、きっと。

 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/63758915

この記事へのトラックバック一覧です: 桝添知事の美術品購入:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。