« 血圧を測る | トップページ | バニシング・ポイントをみる »

2016/05/09

適切な運動量とは

 昨日、高血圧になっていないのは継続的な運動のため、なんてことを書いたのですが、そもそも適切な運動量とはどれほどなのでしょうか。マラソン大会に備える時期以外は計画的にスポーツをやっていないないといういい加減さです。例えばと先週やったスポーツを書きだしてみました。
2日:ランニング休養日 スポーツクラブで水泳(クロール1キロ)
3日:ランニング9キロ スポーツクラブで筋トレ
4日:ランニング10.5キロ スポーツクラブで筋トレ
5日:ランニングLSD2時間(18キロ) スポーツクラブでスタジオレッスン(KI MAX拡大版60分)
6日:ランニング休養日 スポーツクラブで水泳(クロール500メートル)
7日:ランニング7キロ 
8日:ランニング8.5キロ スポーツクラブでスタジオレッスン(KI MAX)+筋トレ
 先週は仕事の予約が前日にキャンセルが2つも入る事態となって、商売的には痛いかったのですが、そのおかげで6回もスポーツクラブにいくことができました。
 この時期はマラソン大会も控えていないので、ランニングは質、量とも乏しい内容です。例えばトライアスロンやっている人はもっと運動量多いだろうな。
 でももう60代だし、この程度が適量かもしれませんね。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適切な運動量とは:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。