« いつもと違うゴールデンウィーク | トップページ | ETC使用が3ヶ月ゼロ »

2016/05/03

オオゼキの存在感

 ダイエー碑文谷店が明後日閉店です。ダイエーの旗艦店がいよいよ無くなります。都内にあるスーパーとしては大きな店舗でしたが、そのすぐそばにオオゼキが開店したのは平成24年9月。当時は大胆な出店だと思いました。ダイエーから100メートルほどしか離れていないのですから。
 そのオオゼキ、いまだ健在です。健在どころか更にパワーアップしている感があります。この前の日曜日、仕事がなかったのでスポーツクラブの帰りによってみましたが、多くのお客で賑わっています。繁盛の秘密は? それは、価格です。例えば魚介、刺身用の魚は圧倒的に安い。ダイエーの値段も高くはないですが、それを上回る安さです。
 この価格、どうも土日を狙ってつけられているようです。平日の昨日はちょっと高い値付けでした。かなり計算されて価格が設定されているようです。
 昔、仙台にいたとき、うちのそばにスーパーのオーケーがありました。そこのレジには近くにあるダイエー仙台店の目玉商品の価格は貼ってありました。ダイエーを意識した価格設定をしていることがわかりました。
 大手スーパーが苦戦していますが、中小は意外と利益をあげる戦いをしているのかもしれません。ちょっと注目です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオゼキの存在感:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。