« 村上隆、驚異のコレクション | トップページ | 今年の3月は・・・・・・ »

2016/03/31

あゆみブックスと文禄堂

 昨日、文禄堂高円寺店でのトークイベントに参加してきました。文禄堂は高円寺駅前の書店です。「本屋をリブートするには」と題されたイベントは内沼晋太郎さん(numabooks/本屋B&B)、久禮亮太さん(KUREBOOKS店主)、辻山良雄さん(本屋Title店主)が書店をリブートするにはどのような方法があるかを語るもの。リブートとは再起動、再スタートという意味でしょうか。書店を取り巻く状況を打破するには、根本的な改革が必要ということです。
 3人のトークは有意義な内容でした。しかし、書店をリブートするだけでは出版をめぐる状況はあまり変わらないのではとも思えます。リブートが必要なのは本を届ける仕組み、出版の流通システムでしょう。
 イベントが行われた文禄堂高円寺店はあゆみブックス高円寺店が新しい業態でリニューアルした本屋です。店内にイベントスペースがあり、イベント開催時は可動式の書棚を動かしてスペースを作ります。今回のイベントもここで行われました。文禄堂は荻窪にもあります(元あゆみブックス荻窪店)。
「街の本屋」を目指すという文禄堂。書店の原点に帰る取り組みは興味深いものがあります。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あゆみブックスと文禄堂:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。