« フォルクスワーゲンのディーゼル | トップページ | 格安スマホを使い始める »

2015/09/27

格安スマホとiPhone6S

 一昨日iPhone6Sが発売されましたが、これまでの発売日熱狂はあまりなく、長蛇の列がなかったとマスメディアは報じています。6の改良モデルですから、7を待っているのか。ユーザーは熱くはありません。
 それでも日本のiPhone熱は高い。朝日新聞の伝えるところによれば、日本のスマホ出荷台数の58.7%をiPhoneが占めます。アメリカは38.3%です。日本人はアップル本国のアメリカよりアップル好きです。
 アップルが市場を制する勢いの情勢ながら、格安スマホもシェアを伸ばしています。日経新聞の記事では、
「直近1年間のスマホの販売台数のうちSIMフリースマホ(=格安スマホ)が占める割合は9.4%で、前年同期の3.1%から6ポイント上昇した」(9月26日 日経新聞)
 と報じています。
 格安スマホ本体の多くは海外メーカー製。国内メーカーの対応は遅れ気味です。しかしスマホ市場では約6割がiPhone、1割が格安スマホという現実。スマホマーケットは国内メーカーにとって厳しい闘いです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格安スマホとiPhone6S:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。