« Windows10とATOK | トップページ | KADOKAWAが本の工場を作る »

2015/08/08

ドクターペッパーという飲み物

 今日はちょっと暑さが和らぎましたが、昨日までは暑かったですね。昨日、東京でも37.7度。朝、5時でも27度を超え、朝ランニングも厳しい闘いです(笑)。走り終えたあと、炭酸系のドリンクが飲みたくなり、自販機で買ったのがコレ。

Photo

 コカコーラの自販機でも珍しいドクターペッパーです。ファンタ、スプライトはよく見かけますが、ドクターペッパーはなかなかお目にかかりません。いまだに売っているということが驚き。このドリンク、生まれて初めて飲んだのはいつだろう。思い出せません。久しぶりに飲みましたが、なんとも表現しにくい味わい。
 この味はどうやって作っているのか。日本コカ・コーラのサイトによれば「20種類以上のフルーツ・フレーバーをブレンドした独特の味わい」とあります。フルーツ・フレーバーであって、フルーツではないところが、なんとも微妙。体にいいのか、悪いのか。カロリーをみると、100mlで46kcalもあるのでヘルシーではなさそう(ちなみにコカコーラも同じくらいのカロリー)。
 ドクターペッパー、どこで買えるかと検索してみると、アマゾンはもちろん、酒のカクヤス、そしてヨドバシカメラでも在庫していました。結構、需要があるのかもしれません。
 なんとも不思議なドクターペッパーです。


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドクターペッパーという飲み物:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。