« ランチパスポートというクーポン | トップページ | 信用保証協会の創業スクール »

2015/08/30

IKEAの家具とポジドライブ

 とある事情でイケアのダイニングテーブルを作りました。イケアの家具を使っている人はおわかりかでしょうが、ほとんど自分で組み立てなければいけません。完成品を買うというより、部品を組み上げて作るといった感じです。商品に添付されているマニュアルには言語での説明は一切なく、イラストだけです。ねじもたくさんあって、マニュアルをよく見ないと間違えそうになります。

Photo_3

 6人掛けのダイニングテーブルを作ったのですが、二人ががりです。部材の総重量は70㎏を越えるので、製作はちょっとした大仕事です。まずテーブルの枠を作って、その上に天板をのせて、そこに足を付けて完成。

Photo

 こう書くと簡単そうですが、テーブルを作るのに2時間ほどかかりました。
 イケアの家具を作るときの注意点はプラスドライバーです。家具を組み立てるねじには一見プラスねじがあります。しかし、これはプラスねじではなく「ポジドライブ型ねじ」というもの。イギリスなどヨーロッパで広く使われている仕様のようです。イケアのサイトの「よくある質問」にはさらっと記載されているだけで、気付きにくい。
 ネットを検索していたらポジドライブのことを知り、ドライバーをアマゾンで購入しました。

Photo_5
 
 イケアの家具を作るのはちょっと大変ですが、久々に日曜大工をした感じで、なかなか楽しかったです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IKEAの家具とポジドライブ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。