« 二子玉川の蔦屋家電 | トップページ | ホキ美術館:写実絵画の世界 »

2015/05/09

トヨタとマツダ

今日の日経新聞朝刊一面はトヨタの記事で賑わっています。ひとつは15年3月期の営業利益が2兆7500億円で、さらには来年16年3月期の営業利益(連結)も2兆8000億円になる見込みとの報道です。売上げではなく利益が2兆7500億円です。凄い数字です(出版産業なんて全体で2兆円を下回る売り上げですから)。
 とてつもなく巨大な企業になってしまったトヨタ。この企業はコスト削減を徹底し、そして効率的に投資をする。工業製品としての自動車を作ることに世界一長けた起業でしょう。トヨタはTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という次世代プラットフォーム戦略とやらで、更なる車作りの効率化を図ろうとしています。ますます利益を上げる構造を目指しているのですね。
 日経新聞の1面トップは「トヨタ・マツダ包括提携」という記事。記事によれば「最終調整に入った」と提携はこれからということ。工業製品としてのクルマより、作品としてのクルマ、趣味性の高い商品としてのクルマを作ることに専念してきたマツダ。マツダがトヨタと提携するというのは、この企業が生き残るためには正しい選択かもしれません。
 初めて買った車がカローラⅡ。それ以来、なぜかトヨタとマツダ以外のクルマを所有したことはありませんでしたが、この2つの企業が作るクルマは全く違います。今後もマツダが信念を持ってクルマを作り続けることを祈らざるを得ません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/61561958

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタとマツダ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。