« 物価目標達成の疑問 | トップページ | タイムズサポートFPクラブとは »

2015/05/02

見過ごされているのかな、富山

 ゴールデンウィークに入り、北陸新幹線開業で観光客が急増した金沢の話題がニュースで報じられています。NHKでは、金沢駅のコインロッカーが数が少なく観光客が困っているとか、レンタルサイクルが人気だとか、まあどうでもいい話題です。
 盛り上がる金沢に対して、同じく北陸新幹線が開通した富山のことが報じられることは少ないです。確かに金沢に比べて富山県には派手な観光名所はほとんどありません。特に富山市には観光スポットがほとんどないかも。
 しかし、金沢に住んでいた頃はプライベートでしばしば富山に遊びにいきました。富山は金沢に比べて都会的な香りがします。県立近代美術は充実したコレクションを持っています。立山に連なる自然も素晴らしい。ホタルイカ、シラエビ、寒ブリなどの魚介も美味しい。富山にはいいところたくさんあります。
 金沢マラソンと同じ11月に開催される富山マラソンは先月20日からのエントリー開始に2日で定員に達しました。ランナーは富山を見逃してはいません。これから富山ももっと盛り上がりことをお祈りします(笑)。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見過ごされているのかな、富山:

コメント

カンディンスキーは版画とはちょっと残念です。連休明けに観にいってみます。

投稿: 自由なランナー | 2015/05/04 10:04

カンディンスキーはwebに「散文詩画集『響き』より」とあるように、元々は散文詩とセットになった木版画のシリーズです。本(書籍)です。わかりやすく言えば、手に持てるくらい(少し大きいかもしれません)の大きさです。

より本格的な作品の鑑賞は富山の美術館までおいでください、などのメッセージが展覧会の言外に企図されているのではないでしょうか。、

投稿: Cest la vie. | 2015/05/04 08:45

Cest la vie様
ミロは一点だけですか。それはちょっと残念です。カンディンスキー作品に期待しています。

投稿: 自由なランナー | 2015/05/03 08:28

たびたび失礼。わかりやすい展示で好印象を持ちました。キャプションの説明は少し砕けすぎかもしれません。
富山県立近代美術館と言えば、瀧口修造氏や氏と親交があったジョアン・ミロが思い浮かびますが、こちらはミロ一点だけでした。

投稿: Cest la vie. | 2015/05/03 08:10

Cest la vie. 様
ご紹介いただいた「ピカソと20世紀美術北陸新幹線開業記念|富山県立近代美術館コレクションから」は見逃せないですね。会期も少なくなっているので早めにいくつもりです。

投稿: 自由なランナー | 2015/05/02 21:39

富山県もがんばってます。「ピカソと20世紀美術北陸新幹線開業記念|富山県立近代美術館コレクションから」@東京ステーションギャラリー 5/17まで http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201503_PICASSO_and_20.html

投稿: Cest la vie. | 2015/05/02 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。