« A-portと「福丼博」の挫折 | トップページ | マツダ、北米で独自の存在感 »

2015/04/02

販売休止のレモンジーナ

 先週、サントリー食品インターナショナルの株主総会に出席したときに知った「レモンジーナ」。個性的なテイストとボトルデザインで存在感のある「オレンジーナ」がラインアップを増やしたというほどの認識でした。総会では社長が何回も3月31日に発売、と言っていたので発売日も覚えました。
 31日にスーパーマーケットの店頭にも大量に並んでいたので「さすが、サントリーの営業」と思っていたのですが、棚に並んだだけでなく、かなり売れていたようです。昨日、サントリーは「レモンジーナ」の販売を一時休止すると発表しました。発売日の翌日に、販売休止とは。
「4月1日まで2日間の出荷量が125万ケースと年間販売目標の100万ケースを超えたため、安定的な供給ができなくなったとしている」(4月2日 日経新聞)
 と報じられています。
 株主総会のお土産でもらったので飲みましたが、オレンジーナほどの刺激感はありません。想像していた味と言えばいいのかな。販売休止になるほどにインパクトは感じませんでした。サントリーのマーケティング戦略がうまくはまりすぎたということでしょう。ちょっと驚きのニュースです。


Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 販売休止のレモンジーナ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。