« ハロウィーン効果より日銀緩和 | トップページ | アマゾンとローソン »

2014/11/02

近ごろの週刊ジャンプ

 コンビニで週刊ジャンプを見かけて手にとってみると、意外と薄いと感じました。ジャンプといえばずっしり重いという印象だったのですが、ちょっと違いました。久し振りに買ってみて、総ページ数をみると470ページもあります。紙が薄くなったのか、あまり部厚さはありません。かつては500ページ超えの時期もあったので、少し薄くなったというところでしょうか。
 週刊ジャンプはかつて膨大な部数を誇っていました。1994年12月に653万部を記録したとウィキペディアにあります。最近の日経新聞発行部数が紙版で270万部くらいですから、その倍以上です。しかし、最近は300万部を切っているようです。時代の変遷を感じます。
 その週刊ジャンプが9月から電子版を始めています。紙のジャンプは定価255円に対し、デジタルは300円とちょっと高めですが、定期購読なら月額900円と安くなります。アンドロイド、iOSの端末アプリがあります。デジタル版ならではのコンテンツもあります。
 デジタル化する出版社側のデメリットはあるのでしょう。週刊ジャンプが電子配信を始めても、マガジン、サンデーは追随していません。単行本はデジタル化されていますが週刊誌はまだまだ遅れています。大手出版社もいろいろ悩んでいるのでしょうね。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近ごろの週刊ジャンプ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。