« 晩秋のジョギングライフ | トップページ | オリビアを聴きましたか »

2014/11/06

豆源の塩豆

 先日、荻窪の「大島いり豆」の塩豆、花豆のことを書きましたが、その後女房が豆源の塩豆を買ってきてくれました。豆源といえば、麻布十番にある老舗の豆専門店です。麻布十番にいくと、必ずよって豆を買ったものです(そういえば、最近いっていないな)。
 豆源のホームページによれば、創業は慶應元年(1865年)。初代店主は駿河屋源兵衛。この人の名前から豆原となったわけですね。現在は6代目です。
 サイトをみると、豆の商品だけでかなりの数があります。おのろけ豆、おとぼけ豆、出世豆、ヨーグルトナッツ、コーヒーナッツなど和洋様々な豆な並びます。ほんと、専門店ですね。
 塩豆はよく炒られて美味ですが「大島いり豆」の塩豆と食べ比べてみましたが、私の舌ではあまり差を感じませんでした。でも豆グルメの方はきっと違いがわかるのでしょう。いり豆の世界は深そうです。

 Photo_2


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆源の塩豆:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。