« 荻窪の立ち飲み、やきや | トップページ | 新幹線50年 »

2014/10/01

「散歩の達人」で本屋特集

 神田の東京堂書店で並んでいる雑誌、本をながめていたら、雑誌「散歩の達人」で本屋の特集を組んでいるので、つい買ってしまいました。「散歩の達人」の10月号で<本とアートと音楽好きのための東京散歩術>が特集です。いささか焦点のぼやけたタイトルですが、特集記事の半分以上の40ページほどが本屋にさかれています。
 内容は古書店、新刊書店、ブックカフェ、本のあるカフェ、図書館など本屋について思いつくすべての企画を盛り込んだ感じです。最近の本屋事情に詳しくはないので断言はできませんが、楽しそう、面白そうな本屋がいくつも掲載されています。
 特に興味をひかれたのは「じつは下北沢は”本の街”なのだ」という記事。下北沢の個性ある本屋といえば、B&Bが思い浮かびますが、そのほかにも何軒もユニークそうな本屋が紹介されています。意外な事実を教えてくれる記事です。
 出版産業の衰退を横目に見ながら、個性溢れる書店は元気なようです。ひとときに流行なのか、それとも本物なのか。ちょっと気になるところです。

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「散歩の達人」で本屋特集:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。