« ゼンショーという会社 | トップページ | ニッポンは扶養の国? »

2014/08/03

プレミアムという名の値上げ

 昨日に引き続いて牛丼屋の話題ですが、今日は松屋のメニューの話。昨日、秋葉原に出かけて、昼飯を求めて街をふらついていたら、松屋を見かけました。たまには松屋もいいかと店頭でメニューをみると、「プレミアム牛めし 380円」とあります。それに並んで小さく「牛めし 290円 販売休止」と張り紙が。
 要は牛めしが290円から380円へ実質値上げになったわけです。ネットで調べてみると、このプレミアム牛めしへのメニュー変更は7月から行われ、8月1日に「プレミアム化」を首都圏の全620店舗で完了したとのこと。一部の店舗だけの導入ではなく、首都圏ではプレミアム牛めししか食べることができなくなりました。
 プレミアムといいながら、90円高い商品を提供する松屋の大胆な戦略にはいささか驚きます。また大盛りは520円と、+140円。大盛りは+100円をここも値上げ。松屋では牛めし大盛+卵=430円を得意としていた私にとってはかなりの痛手(笑)。
 たかが牛丼のことですが、企業間の競争は熾烈のようです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/60088966

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアムという名の値上げ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。