« アート・ゲートは景気が良さそう | トップページ | 働き方の多様化 »

2014/06/16

体年齢の真偽

体重体組成計を使い始めてどれくらいでしょうか。もう3台目で、今はオムロンの体重体組成計 HBF-252Fを使っています。前はタニタでした。
この体組成計のいいところは、スマホでデータを吸い上げることができること。スマホを体組成計にかざすと体重、体脂肪率などのデータをオムロンのサイト「わたしムーブ」に転送します。このサイトで会員登録しておくと、過去のデータを保存できます。
このサイトでは体組成計のデータだけでなく、オムロンの活動量計(万歩計)のデータも保存できます。これもスマホ(アンドロイド)で転送しますでき、便利です。
ところで体組成計で計測するデータ内容はオムロンとタニタではほぼ同じです。しかし、体重以外は両者で数値が違います。例えば体脂肪率はオムロンのほうがかなり数値が高いです。7、8%も違っていてどちらが正しいのかと悩みます。
また、体年齢も微妙に違っています。タニタは実年齢マイナス15歳を限界数値とする設定になっているようで、いつも表示数値は同じでした。一方、オムロンは限界数値はなく、体年齢測定日によって数値は違います。42歳から始まって、最近はちょっと体重が減ったので40歳まで下がりました。そして先日、39歳と30代に突入。でも翌日には40歳に戻りましたが(笑)。
体年齢はどのような方法では判定しているかな。オムロンのサイトによれば、「体年齢は、基礎代謝をもとに算出した体の年齢で、オムロン独自の指標です」とあります。
体年齢が若いということは嬉しいことではありますが、まあ絶対的な評価ではありません。ほんの気休め程度に捉えておいたほうが良さそうです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体年齢の真偽:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。