« 昔のままの中華そば・伊峡 | トップページ | 1%フォー・アーツとは »

2014/02/25

セルフガソリンスタンドの普及は

 うちのそばにあるガソリンスタンドが先月、営業を停止しました。「つぶれたかな」と思って店舗にある張り紙をみると、建物の老朽化で建て替えるとか。そして、これまでフルサービスのスタンドだったのですが、建てなおし後は、セルフスタンドになるとのこと。
 いつの頃からかセルフガソリンスタンドが増え、うちの周辺にもいくつもあります。そもそも、セルフガソリンスタンドはどれくらいあるものなのか。ネットで見つけた資料によれば、平成24年度末で8,635。ガソリンスタンドの総数は23年度で約37,000ですから、4分の1弱がセルフということ。かなりな普及率だと思います。
 セルフのいいところは、少ない量でも気軽に給油できること。フルサービスを使っていたときは、最低でも20リッターいれないといけないような遠慮しているところがありました。別に5リッターでも10リッターでもいいのですが、窓も拭いてもらって、10リッターでは、という妙な遠慮(笑)。その点、セルフは、10リッターでも気兼ねなく入れられます。まあ、1000円分だけ、なんて入れ方もできるし便利です。
 ガソリンの値段は高くなってしまいました。レギュラーでも150円近辺。値段も安く、気も遣わないセルフガソリンスタンドは、これから普及していくと思います。でも、スタンドで働く人は減ってしまいます。雇用はどうなるのか。ちょっと心配です。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/59192622

この記事へのトラックバック一覧です: セルフガソリンスタンドの普及は:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。