« グリル満点星の成長がしたわけ | トップページ | 世田谷美術館の豊富なコレクション »

2013/11/12

東京堂書店のブックカバー

 珍しく水道橋に出掛けたので、用事が終わった後、ぶらぶらと神保町まで。本を探しにこの街のくることが、ほとんどなくなってしまいました。もっぱらアマゾンなどで買い求めることが多く、本屋をうろうろすることが減っているのは、我ながらいささか情けない。
 まず三省堂の本店に寄って、その後東京堂書店に。神保町ではいちばん好きな書店です。確か、小林信彦もここがお気に入りだと書いていたと思います。昨年、店舗がリニューアルされ、1階にはカフェができ、前にも増して落ち着いた店内になりました。
 買おうと思っていた宮部みゆきの文庫本を探し、レジで会計。ブックカバーをかけてもらったら、前のものと違うような気がします。ブックカバーは濃い緑に黄色の字で、Books Tokyodoと書かれたシンプルなもの。前はクリーム地に模様がデザインされたカバーでした(「東京堂書店 ブックカバー」で検索すると画像がヒットします)。
 東京堂書店の新しいブックカバーは厚手の紙で、しっかりした作り。おまけに栞まで挟み込んでくれます。コストがかかっていると思いますが、読書家には嬉しい。
 アマゾンなどネットでの購入ではブックカバーの楽しみは味わえません。久しぶりに東京堂書店で、ブックカバーの魅力を思い出しました。たまにはいつもと違った書店に行くのもいいものです。

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京堂書店のブックカバー:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。