« ちょっと変な朝日新聞夕刊 | トップページ | 寡婦控除という制度 »

2013/09/11

車の名義変更は自分で

 先月の記事で書きましたが、所有している車の名義変更をしました。亡くなった父親名義の自動車を相続したまま、名義変更をしました。この車はその後処分したのですが、実は我が家にはもう1台車がいます。14年乗っているロードスター。この車は売却しようと企んでいるのですが、車検証を改めて見ると、所有者が「マツダアンフィニ関東」となっているではありませんか。
 当時の記憶を辿ると、購入時に値引きをするので代金の一部をクレジットで払って欲しいと言われて、1年のクレジット払いをしたことを思い出しました。幸い古い資料もとってあり、クレジット会社もわかりました。とっくに完済しているはず
 売却するには、所有者が「マツダアンフィニ関東」ではまずかろうと、名義変更することにしました。
 車検証の所有者の「マツダアンフィニ関東」という法人名は今はありません。マツダがバブル期にディーラー網を拡大したのですが、うまくいかずいくつかの法人が合併して、今は関東マツダとなっています。それに使用者は亡き父になっています。この名義変更はややこしそう。
 細かいことは省きますが、名義変更の手続きは意外と簡単でした。手順はまず品川陸運局に電話して、必要書類を教えてもらいます。そしてディーラーからもらう書類を依頼。自分で用意する書類(印鑑証明など)を用意します。書類がそろったら、品川陸運局に行って手続きです。申請に必要な用紙があるので窓口で購入。そして申請窓口にいくと相談窓口があるので、尋ねれば親切に記入方法を教えてくれます。
 記入をして提出。10分も経たずに新しい車検証が交付されます。そのあと、自動車税の申告を行います。ここでも親切に教えてくれました。全行程1時間余りで終了しました。
 この手続きは所有権解除による名義変更(所有権の移転)と旧所有者の法人名変更の2つを1回の申請で行うもので、ダブル移転と呼ばれています。車を買い換えるときであれば、車のディーラーにやってもらう人が多いのでしょう。また、行政書士にお金を払って依頼する手もあります。
 しかし、自分で手続きすることは簡単です。仕事などで平日に半日ほど休みが取れないという人はしかたがありません。でも時間が取れるなら自分でやるものもいいです。やってみて、いろいろなことがわかりました。いい体験でした。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/58160064

この記事へのトラックバック一覧です: 車の名義変更は自分で:

» 印鑑証明の取得・取り方 [noncolle]
印鑑登録から印鑑証明の取り方までを解説しています。実際にはとても簡単なのでささっと覚えてしまいましょう。 [続きを読む]

受信: 2013/09/13 11:31

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。