« 大丈夫? アベノミクス | トップページ | 村上春樹、紙の本の重さ »

2013/06/08

皇居ラン9条

 以前から問題になっている皇居ランナーと歩行者のトラブルを改善しようと、千代田区などは皇居ランのマナー9か条をまとめたと昨日のニュースで報じられています。 「区・都・国のほか警察や学識経験者、地元住民組織、民間ランナーらでつくる「皇居周辺地域委員会」で策定した」(日経新聞)そうです。
 その9か条は
(1)歩道は歩行者優先
(2)歩道をふさがない
(3)狭いところは1列に
(4)周回は反時計周り
(5)タイムよりゆとり
(6)ながら通行は控える
(7)自転車はすぐに止まれるスピードで
(8)ゴミは必ず持ち帰る
(9)思いやりの心で
 と、当然のマナーです。
 ランニングは基本的には個人のスポーツなので、ランナーは自分のことしか考えない傾向にあります。いろんな意見があるとは思いますが、皇居ランは歩行者が歩いている歩道なので、ランナーが配慮して走るべきところです。ジョギングブームからランニングする人が増えたため、皇居ランナーとのトラブルが増えるのは当然。9か条程度では問題は解決しないように思います。
 また、皇居ランでの競技会にも「スタートとゴールを桜田門前広場に限定」などのルールが作られました。そもそも歩道を使っての競技会が許されるのか、と根本的な疑問があります。競技会は禁止にできないのでしょうか。
 ランニングは歩行者に気を遣う。この基本は走っていると忘れがちです。自分も改めてマナーをもって走らねばと思いました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/57540444

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居ラン9条:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。