« 親切な春日部大凧マラソン | トップページ | 3台目の電卓はシャープ »

2013/05/28

衆議院議員の資産公開

 他人の持っているお金はどうでもいいのですが、昨日発表されて衆議院議員の資産公開は面白く拝見しました。去年12月の衆議院選挙で当選した480人が、選挙当日の時点で所有していた資産が本人の届け出によって公開されたもの。公開された資産内容は土地と建物(固定資産税の課税標準額)、有価証券(公社債などが額面、金銭信託が元本)が金額として示され、株式は銘柄と株数のみの記載です。
 資産の平均は3,228万円で、過去最低だった前回2010年2月8日公開時の3,152万円から微増とのこと。この資産公開、1993年から行っているそうです。閣僚の資産公開は大きな扱いで報道されるので目にとまっていましたが、議員全員の資産が公開されていることは気付いていませんでした。
 興味の焦点(笑)は、いちばんのお金持ち議員。やはり鳩山ファミリーの鳩山邦夫元総務相で19億9884万円。さすがに凄い。この金額には膨大に保有しているいるとされている株券は入っていません。大金持ちです。ちなみにネットに掲載されていた各党党首の資産(単位は万円)。

小沢一郎氏 (生活)  総額19,364(金融0、不動産19,364)
石原慎太郎氏(維新)  総額17,040(金融6,180、不動産10,860)
安倍晋三氏 (自民)  総額10,794(金融2,625、不動産8,169)
海江田万里氏(民主)  総額3,288(金融733、不動産2,555)
志位和夫氏 (共産)  総額1,157(金融750、不動産407)
渡辺喜美氏 (みんな) 総額0(金融0、不動産0)

 昔から政治家やっている小沢さん、石原さん、安部さんは資産が多いですが、みんなの党に渡辺代表のゼロというのをみると、どうやって生活しているのか疑問になります(今日の朝日新聞によれば、普通預金は除外。一時的に定期預金から普通預金に移す手もありだとか)。生活資金は公開資産には入っていないのでしょうか。大金持ちがいる一方で、新人議員の中には厳しい状況の人も少なくないようです。
 いまや、政治家はお金が貯まる商売ではなく、お金を貯めてから政治家になる、というのが本筋かもしれません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/57469347

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院議員の資産公開:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。