« 変わりゆくピーコックストア | トップページ | NISAの発展性 »

2013/04/30

牧伸二さんのこと

 牧伸二さんが亡くなりました。時々走るランニングコースで通る丸子橋。そこから飛び込んだと報道されています。テレビではお見かけすることはなかったのですが、寄席では元気に芸を披露していました。28日には上野広小路亭で舞台に上がっていました。
 牧伸二さんを知る人は、かなり昔の世代です。ウクレレ漫談という誰にもマネが出来そうもないジャンルを作りあげ、独自の芸をみせてくれました。なぜ、ウクレレと思ったりもしますが、その芸がまさにオリジナルです。ウクレレを奏でながら「あーあ、やんなっちゃった、あーああ、驚いた」のフレーズは、子供の頃から聞いていた記憶があります。
 牧伸二さん師匠は牧野周一。これも子供の頃、テレビで漫談を見た記憶があります。牧伸二さんの兄弟弟子にポール牧がいます。この人もかなり前に亡くなっています。泉ピン子は牧伸二さんの弟子でしたね。
 牧伸二さんのようなベテラン芸人がテレビに登場することは、最近ほとんどありません。見られるのは正月くらいでしょう。芸達者な人たちの舞台を見る機会もかなり減っています。牧伸二さんのようなオリジナル芸を見る機会は減りました。テレビ画面で繰り広げられるは、オリジナル性に乏しい芸ばかりとしか感じられません。
 またひとり、個性溢れる芸人がこの世を去りました。牧伸二さん、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧伸二さんのこと:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。