« イオンがピーコック買収 | トップページ | 保険という商品 »

2013/03/07

電子書籍の普及度

 先日、出版事情に詳しい友人と飲んだ際に、話題が電子書籍のことになりました。電子書籍端末はどれほど普及しているのか。「電車の中で、アマゾンのキンドルとかソニーのリーダー読んでる人、ほとんど見かけない」ということで意見が一致(笑)。電子書籍は誰が何を使って読んでいるのか、その実像が見えません。
 アップルが日本で電子書籍の販売に乗り出すと発表しました。日経の記事によると
「アップルの電子書店「iブックストア」は、自社製のタブレット(多機能携帯端末)iPadやスマートフォンiPhoneの利用者に対象を限定する代わりに簡便な購入手順を導入。同社が無料で配布する電子書籍閲覧アプリ(応用ソフト)上で1クリックで購入し、ダウンロード後すぐに読書を開始できる」
 と、アップル器機ユーザーに限定したサービスです。
 かたやアマゾンはキンドルに限らず、アップルのiPadを含むさまざまな機器にアプリを提供する多方面戦略です。アマゾンのコンテンツはユーザーからするとまだまだ質、量とも充分ではないと感じますが、出版社側も電子書籍コンテンツの充実へ取り組んでいるようです。
 今日の日経新聞で知った角川から出たノンフィクション作品「Amazonの3.11」。東日本大震災後に米アマゾン・ドット・コムが行った復興支援活動の舞台裏を描いたノンフィクションで、アマゾンの電子書籍だけの配信で、価格は100円という破格値。電子書籍の普及ポイントのひとつに価格があると思いますが、既存の紙書籍との兼ね合いで、極端に安い値付けがあまりできていないのが現状。電子書籍の専用コンテンツとすることで、価格面での優位性がだせるわけです。
 電子書籍市場は16年度には2千億円に急伸する見通しもあるようですが、本当にここまで拡大するのか。興味津々です。


Amazon3


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の普及度:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。