« 久しぶりの蒲田 | トップページ | 恵比寿映像祭の展示を見て »

2013/02/19

近頃気になるお金の話

 昨日の朝、日経新聞に載っているビジネス誌の広告には「おや」と思いました。『週刊 東洋経済』の特集は「投資の新常識」。『週刊ダイヤモンド』は「相続・贈与・節税 完全ガイド」。そして『エコノミスト』が「金持ちの鉄則」です。どの雑誌もお金の話の特集です。エコノミストは誌名からお金のことを扱うのは当然ですが、企画は敢えて富裕層向けです。
 それに対して広くビジネスマンに訴求する東洋経済、ダイヤモンドは安倍政権で、庶民はどのように対応すればいいかというポイントで企画を立てています。安倍バブル、すなわち株価上昇、円安の状況で、どのようにしてお金を増やすかという視点で構成されたのが、東洋経済の「投資の新常識」です。読者の興味レベルの違いはありますが、『週刊現代』や『週刊ポスト』の一連の記事と、編集姿勢は変わりません。要は安倍バブルにどう乗っかるかです。
 かたやダイヤモンドは、安倍政権での税制改革へどう対応するかを記事にしています。昨年から決まってもいないのに、相続税の改正案の基づいた増税への警鐘、というか脅かし記事が多くの雑誌で掲載されました。安倍政権で相続税の改正はほぼ決定事項となり、この対応を記事にしたのがダイヤモンドです。これに加えて贈与税の改正も予定されていて、これも記事にしやすいポイントでしょう。孫への教育資金をある金額まで(1500万円?)非課税にするという節操のない制度もできそうですし。
 政権が変わっただけで、実体は補正予算すら国会を通過していないのが現状です。しかし、景気回復への期待感だけは膨らんでいます。ビジネス誌の動向を見る限り、小さなバブルがきているようです。さて、実質はどうなるのか。あと半年もすれば、結果は出るでしょう。それまではじっとしているのがいいのかも(苦笑)。
 
迷って東洋経済を買ってきました。

Photo


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/56793791

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃気になるお金の話:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。