« 松本竣介展 | トップページ | 「がん保険のカラクリ」とは »

2013/01/13

アベノミクスと新聞チラシの関係

 昨日の朝、日経新聞を開くと珍しく新聞チラシが重い。不動産の広告がたくさん入っています。20枚以上あります。不動産関係のチラシは小売り関係と比べて、質のいい紙を使っているので、重いんですね。チラシの多さは何か意味があるのか。時期的なものか(年度末)、それとも市場が盛り上がっているのか。
 方や朝日新聞に載っている「週刊現代」の広告が派手な見出しで目を引きます。
「安倍バブルでGO! 株価はどんどん上がるぞ」「一覧表付き この株でまず100万円儲けよう」
 すごいな。誰でも儲けられるみたいです。週刊現代は先週号では<「安倍バブル」日経平均2万円>て記事書いてました。このところずっと安倍政策関連で、いけいけの記事を連発です。
 アベノミクスという用語が定着して、安倍政権の経済対策が注目されています。先週の東証では日経平均が10,800円台に届き、為替は1ドル89円台まで円安になりました。ほんの2ヶ月前には考えられなかったことが経済のマーケットで起こっています。
 株価、為替、不動産・・・・・・、ホットになっているマーケットは、はたして実態があるものなのか。それともバブルなのか。もう二昔以上も前になってしまいましたが、元祖バブルの時には、個人的にはなにも起きませんでした。投資なんてものもしていなかったので、お金は増えず、何事もなく終わってしまいました。
 さて、今回のアベノミクス旋風はどんな結果となるのか。面白そうでもあり、恐そうでもあります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/56528684

この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスと新聞チラシの関係:

» 副島隆彦を囲む会では、貧しいが前途のある、優秀な若者たちを育てています! [副島隆彦の学問道場]
テレビ、新聞、週刊誌、ラジオといったマスメデイアに洗脳され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! すべてを疑うべきなのだ! [続きを読む]

受信: 2013/01/19 11:26

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。