« イッセー尾形公演でのマッサージ | トップページ | サッポロビールとfacebook »

2012/08/25

心の届かぬラブレター

 エルヴィス・プレスリーのヒット曲に「Return to Sender」という曲があります。邦題は「心の届かぬラブレター」。エルヴィス主演の映画「ガール!ガール!ガール!」の挿入歌です。
 歌詞の内容は喧嘩別れした恋人にお詫びの手紙を出しますが、彼女が「住所が不明です、該当する番地なし、該当する地域なし」と書いて、送り主に返送(return to sender)してきます。何度送っても彼女は返送してきます。ついに特別郵便(歌詞ではspecial D. と表現)で送りますが、またまた返送されます。(歌詞はここをみてください
 韓国に野田首相が送った親書が郵便で送り返されてきた一件をみて、この「心の届かぬラブレター」を思い出しました。男と女のたわいもない喧嘩をコミカルに歌った曲ですが、韓国の対応もそのレベルです。日本側は再度親書を送らない方針ですが、もし再度送ったら韓国はまたまた返送してくるんでしょうね。Return to Senderって書いて(笑)。
 それにしても竹島、尖閣列島と領土問題がここにきて顕在化し、同じレベルで論じられませんが北方領土問題も見過ごせない事態です。民主党政権になってからどうも外交は弱体化しているように見えるのですが、勘違いでしょうか。民間人からの登用ということで、鳴り物入りで就任した丹羽中国大使も2年ほどで交代とのこと。民主党の外交は少し問題がありそうです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/55501639

この記事へのトラックバック一覧です: 心の届かぬラブレター:

» 尖閣武力解決の効用 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「大局を見失って、目先の権力争いに日本との国境線を利用しているのは…」について  突発か準備をととのえてかはともかく、平和的解決を捨てて、武力解決を採用したとき どんな効用があるのだろうか? 9条平和のくびきを離れて、シュミレーションゲームに興じてみた。... [続きを読む]

受信: 2012/08/28 09:31

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。