« NIFTY-SERVE on facebook | トップページ | アメリカの電子書籍は成長しているが »

2012/06/19

犯人は誰なんだ

 マイナリさんが故郷ネパールに帰りました。東京電力女性殺人事件として、いろいろな意味で話題を提供した出来事もひとつの区切りを迎えたようです。今回の再審と刑の執行停止まで余りに長い時間が過ぎています。この事件は、佐野真一の「東電OL殺人事件」を読んだ限りでは、明らかに冤罪と思わざるを得ません。また、フィクションながら桐野夏生の「グロテスク」はこの事件にインスパイアされた作品で、これも恐ろしいまで事件の異常性を描いたものとして記憶に残っています。
 当然ながら、再審決定では元受刑者マイナリさんに焦点があたっています。マイナリさんが犯人でなければ、真犯人は誰なのか。被害者の当時の東電女性社員は、実は同じ大学の同じ学部を同じ年に卒業した同級生です。学部一学年だけで1200人ほど在籍していたので、面識はありませんでした。しかし、卒業名簿みたいのを以前見たとき、名前と就職先が記載されていたのを覚えています。
 私の世代。就職は厳しい時代でした。昔のことですから、成績重視で大企業は採用を決めていました。その時代女性ながら(セクハラという言葉さえない時代です)、東京電力という(当時では)大企業に入ったのですから、さぞや優秀だったと推測します。私とは全然違います(苦笑)。
 マイナリさんはおそらく無罪だと感じます。では真犯人は? この事件はこれからの道のりのほうが、これまでより長いということを思わざるを得ません。これを機に、事件が解決のきっかけを見いだすことを祈っています。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犯人は誰なんだ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。