« ノンアルコールで充分? | トップページ | マラソンの練習量 »

2012/03/04

ランニング練習会というもの

 昨日、久しぶりに駒沢公園のジョギングコースを走りました。午前中、10時前からのランだったのですが、すでにコースでは多くの人が走っています。前にも書いたのですが、集団で走っている人たちも見かけます。コースのそばにテーブルを持ち込んで団体でのランニングです。
 集団が陣取っているテーブルに旗や横断幕があり、そのグループが何なのかがわかります。ネットで調べると、ちょっと驚くことがわかりました。練習しているグループは、有料の練習会なんですね。お金を払って走ることを習っている人達なんです。ランニング愛好家が集団で走っているのではないのですね。
 駒沢公園で練習会をやっているのはRunning Club Run Fielde-Athletesです。他にもありそうですが、この2つが大々的に練習してます。練習内容はなかなかハードです。例えばe-Athletesで昨日やっていたはずのメニューはロング走20~30キロで、ペースはキロ4分30秒から6分30秒まで細かくレベルが分けられています。20~30キロのロング走とは本格的ですね。私は昨日はキロ4分40秒ほどのペースで10キロ走ったのですが、抜かれたグループはなかったので、速いグループはいなかったようですが。
 調べてみるとランニングスクールは他にもありました。ランニングインストラクターを養成する講座をやっているところもあります。ランニングブームでいつのまにかこんなビジネスが発生しているとは。驚きです。
 このビジネス、うまい商売です。駒沢公園などの公共のところを使えば、場所代はかかりません。他のスポーツだと例えばテニスコート代など使用料が要りますが、それも不要。走りたい人を募って、有料で教えるという仕組みは利幅が大きいです。でも、駒沢公園で走っているランナーにとって集団でのランニングはちょっとな、と思ったりしています。そのあたりについて駒沢公園で練習しているランナーはどう思っているのでしょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/54135083

この記事へのトラックバック一覧です: ランニング練習会というもの:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。