« Aloha From Hawaii | トップページ | 新宿シティハーフマラソンを走る »

2012/01/15

ビールマーケットの縮小

 ビールは飲まれなくなっているんですね。昨日の日経新聞にビール大手4社の2012年の国内販売計画を元にした記事がありました。題して<ビール大手、「ビール以外」に力 >。ビール4社の2012年度の「ビール系飲料」の販売計画は各社とも2011年度を上回る販売量を見込んでいます。日経新聞に掲載されているものを引用します。(クリックすると大きくなります)

Photo

 この2012年度の計画の達成見込みはどうなのか。2011年はどのメーカーも前年割れでした。震災の影響があったことを考えれば、今年は成長するかもしれません。しかし、この数字をみて驚くのは過去最高時の数量との差です。キリン、サッポロは過去最高の売上と比べると、2012年の計画でもほぼ半分です。ビールはこれほどまでに消費量が減っているわけです。
 メーカー売上順位でみると、アサヒ、キリン、サントリー、サッポロの順。キリンの2位、サッポロの最下位が固定してしまいました。なにか面白みのないマーケットです。
 新聞によれば各社ノンアルコールビールや低アルコール商品に力をいれるらしいです。ノンアルコールビールは税金がかからないので、利益率は高いとのことですが、ビールに比べて単価は低いです。ビールメーカーの変容をみていると、日本経済そのものを連想してしまいます。ずっと4社が残るのか。そんな思いが頭をよぎります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/53732108

この記事へのトラックバック一覧です: ビールマーケットの縮小:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。