« 元旦の風景 | トップページ | 箱根駅伝の魅力 »

2012/01/03

走ることについて語ること

 箱根駅伝、往路が終わり大方の予想通り東洋大が往路優勝でした。今年は留学生が疾走する姿も少なく、駅伝はやはりチーム力だなと感じさせてくれます。それにしても柏原選手の走りは見事ですね。早稲田、駒沢も上位に入り、復路の闘いが楽しみです。
 テレビ中継メインスポンサーのサッポロビールはこの番組にあわせて毎年力の入ったCMを作ります。今年は「走ることについて語ること」と題された素敵な映像作品が披露されました。サッポロビールのウエブサイトには、
「困難な道のりを越えて走り続ける日本のみなさまへの、心をこめたメッセージです」
 とあります。
 この作品の脚本は作家の村上春樹、監督は是枝裕和、語りは仲間由紀恵。1分の作品が4つあります。テレビでは箱根駅伝番組内で限定放送です。サッポロビールのウエブサイトには4作品が公開されています(これも1月末までの公開)。読売新聞によれば
「村上さんがCM用の原稿を書くのは今回が初めてで、執筆料は東日本大震災の被災地に寄付するという」
 とのことです。
 いい映像です。限定放映なのがもったいない。CMらしくないけど、企業のメッセージをしっかりと受け取れる作品です。

<走ることについて語ること>ウエブサイト

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/53640771

この記事へのトラックバック一覧です: 走ることについて語ること:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。