« 大学の先生も大変だ | トップページ | 新幹線の着工 »

2011/12/27

年賀状というもの

 今年は年賀状をまだ出していません。暇なのにね。年賀状、オリジナルなものをいただくので、自分でも個性溢れ賀状と思うのですが、結局ありきたりのやつになってしまいます。今年も、書店に並んでいる年賀状素材集を買ってしまいました(苦笑)。
 この素材集、毎年使い捨てしているのが、今更になって無駄だと気付きました。みなさんどうしているんだろう。そんなことを考えた人もいるようで、500円以下の安いものや、十二支の素材が全部入っているものが出てます。アマゾンで「年賀状」って検索すると素材集がたくさんヒットします。それをながめると、「かんたん」「ぱぱっとだせる」「印刷するだけ」といったすぐに出来るのを売りにしたものが目立ちます。
 今年の日本郵便による年賀状発行枚数は38.2億枚。年賀状を出すことが減っているとはいってもいまだこれだけの枚数が発行されています。日本郵便では年賀状.JPサイトを開設していて、そこには「はがきデザインキット」という年賀状素材が無料でダウンロードできるものを提供しています。素材は1000種以上。これで充分だったかも。
 とにかく今日には年賀状を完成させなくてはいけないな。

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状というもの:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。