« ランニング中のエネルギー補給 | トップページ | 大学の先生も大変だ »

2011/12/25

国の借金が1000兆円

 今朝の朝日新聞朝刊一面は「規律なき予算」と大きく見出し書かれ、そこに「国の借金1000兆円」とあります。昨日決まった2012年度予算の内容を受けての記事です。1000兆円って想像もつきませんが、朝日新聞のたとえによれば、一万円札を重ねると1万キロメートル。地球1周の4分の1ですね。
 2012年度の予算は一般会計で90.3兆円。このうち国債すなわち借金の占める割合が49パーセント。国債発行が税収を上回るのは3年連続。一般会計予算では前年度当初予算の規模を6年ぶりに下回り、国債費を除く政策経費と新規国債の発行額を前年度以下に抑えるという目標を達成。しかしこれは、基礎年金の国庫負担分2・6兆円について、発行した時点では予算計上せずに済む「年金交付国債」とやらを初めて活用し、一般会計から除外するという「奇策」(読売新聞の表現)を使ったため。こんなこと誰が考えたんでしょうね。すぐにばれるのに。
 日経新聞に載っているグラフでは国の借金のGDP比は200パーセントを超え、ギリシャを上回って最悪。バブル崩壊後の20年間で日本の借金は500兆円増えました。家計で考えると1年間に必要なお金が900万円とすると、そのうち490万円が借金。そんな借金を重ねていたら借金総額が1億円になってしまった。経済学的に正確ではないでしょうが、こんなことでしょうか。
 もう少しまともな方法なかったのでしょうか。野田さん、頼みますよ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/53563335

この記事へのトラックバック一覧です: 国の借金が1000兆円:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。