« EMIの売却 | トップページ | 2年間保証のランニングソックス »

2011/11/14

世田谷246ハーフマラソン、なんとか完走

 昨日、世田谷246ハーフマラソンがあり、楽しく、苦しく走ってきました。大会は3年8ヶ月前の谷川真理ハーフマラソン以来で、ほんと久しぶり。マラソン日和の快晴、なんとか完走できました。すごく緊張、前夜よく眠れず睡眠不足(プレッシャーに弱いタイプ)でのぞんだ21.0975キロは、ちょっと大変でした。
 この大会、駒沢陸上競技場をスタートし、246に出て二子玉川まで走り、多摩堤通りに入り、折り返して目黒通り、駒八通りを経て、駒沢陸上競技場へ戻ってくるコースです。世田谷区って広いですね。区内でハーフマラソンのコースが作れるんですから。
 246、多摩堤通り、目黒通りを一時通行規制してのレースのため、時間制限があります。ゴールまでは2時間10分。それに途中関門が4カ所あり、ほぼキロ6分ペースで走らないと通過できない厳しさです。
 最後の3キロほどはへばりましたが、幸い調子も悪くならず、グロスタイム1時間56分02秒(ネット1時間55分24秒)で関門を乗り越えて無事ゴール。制限時間が厳しいせいか、参加したランナーのレベルは高い! 40歳~59歳の部でエントリーした725人中481位と、偏差値付けると(つけてどうする)40台かな。しかし、スタート直後の混雑タイムロスを考慮すると、1キロ5分25秒位のペース。目標としていたキロ5分30秒以内はクリアしました。谷川真理ハーフマラソンでは2時間超えていたので、すこしは進歩しました。
 久しぶりのマラソン大会でしたが、完走できるとやはりうれしいですね。大会をサポートされる方々、沿道から声援をおくってくれた方々に感謝します。気持ちよく世田谷246ハーフマラソンを走りました。

Photo


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/53235494

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷246ハーフマラソン、なんとか完走:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。