« お天気お姉さん、いっぱいいますね | トップページ | スティーブ・ジョブズ死去 »

2011/10/06

CEATECで4Kテレビをみる

 シーテック(CEATEC)が開催されている幕張メッセまで出かけてきました。この展示会、仕事と直接関係がなかったので、ほとんどみたことがありません。そもそもCEATECとは何? Combined Exhibition of Advanced Technologiesの略で、ウエブサイトから引用すると「通信・情報・映像が融合したデジタルネットワーク時代を反映した、最新の技術・製品・システム・ソフトを一堂に集め、その成果を情報発信する」とあります。一昔前は、エレクトロニクスショーとして家電の総合展でした。いまや純粋な家電も減り、CEATECは情報、通信を軸とした新しい技術を使った製品、サービスなどの展示会です。
 わざわざ出かけた目的のひとつに、4Kのディスプレイがあります。東芝が発売を予定している55インチの4K×2Kの液晶テレビ。現在のハイビジョンの4倍の解像度のディスプレイ。ブースの一角に作られた部屋で公開されていて、5分ほど並びました。確かに高精細で綺麗です。このディスプレイ、裸眼での3D表示にも対応しています。3D映像も流されていましたが、確かに3D。メガネをかけないも自然な三次元映像をみることができます。
 
Ceatec1

 4Kテレビはシャープのブースにも展示されています。さらに8K×4KのSUPER HI-VISIONもありました。8K×4Kということは今のハイビジョンの16倍の解像度。

 展示がで面白かったのは東芝、シャープくらいでしょうか。それとNOTTV(スマホ向けテレビ)は大きなブースにちょっと驚き。一般公開の初日だったのですが、会場はひどい混雑ではありませんでした。日経新聞には<家電見本市「CEATEC」 懸念される日本の存在感低下 >という記事もあり、そのあり方も問われているようです。もうちょっと活気のある展示が見たかったところです。

Ceatec2


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CEATECで4Kテレビをみる:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。